性行為によって男女問わずに感染する性病についてご説明します

性病の治療薬は通販で買える

皆様、最近では性病が流行っている事はご存知だと思います。
やはり、昔に比べると性病に悩んでいる方も多く見受けられます。
性病と一言で言っても様々な病状があります。
例えば、クラミジア、この病名であれば誰もが一度は聞いたことがあると思います。
特にクラミジアは性病の中でも最も患っている患者様が多いと言われています。
昨今の日本ではクラミジアの性病を患っている患者数がとても多く、それも若い女性に多いと言う事がわかっています。
そしてそのまま放っておくと、妊娠出来ない身体になってしまったりするというのです。
最も怖いのが自覚症状が殆ど無いというので気付かない女性の方も多いと思います。
そのまま放って置くと違う病気にもなる可能性があるとも言われているので、症状に気付いたら、もしくは不安のある方は早めの治療をお勧めします。
普通であれば、病院に行って検査してもらうのが一般的だと思いますが、普通の風邪と違い、性病の病院に行くのが恥ずかしいと思います。
そこでお勧めしたいのが、通販です。
あまり知られていないのですが、今の世の中では性病の治療薬は通販で買えるようになっています。
どうしてもデリケートな部分ですので見られたくはないですよね。
通販であれば誰にも見られる事無く、自分のペースで治療出来るのでとてもお勧めです。
悩んでいる方がいれば通販は貴方の強い味方になりますよ。

キスだけで性病に感染する?

性病は主に性行為や免疫力の低下により発症しやすくなる病気ですが、こうした性病に関連するサイトなどキスだけで性病に感染する?という疑問の声も見受けられます。
結論としては、性病の中で最も重い病気といえるHIV(エイズ)などの場合はキスだけで感染することはありませんしエイズに関しての知識としてキスだけではエイズにならないことについてはよく宣伝されています。
なので、安心してしまいがちですが確かにエイズに関してはかからないものの性病全体を見るとキスだけで移してしまう性病も存在しますので注意が必要となります。
手をつなぐなどの行為の場合には感染源は存在しませんので移る心配はありません。
しかし、キスをする場合唾液などに住みつき、そこから感染する病気があります。
それがクラジミアと淋病です。
キスといっても軽く唇を触れ合わせるくらいのキスなら問題はありません。
ただし、唾液を交換したりするタイプのディープキスと呼ばれるものの場合、ウイルスを持っている場合感染する可能性が高くなってしまいますので注意が必要です。
クラジミアの場合は感染力が強く、一回の性行為で全体の5割にも及ぶ感染率を持つ病気なので、充分にキスだけでも感染する可能性はあるということになります。
咽喉クラジミアは軽度の場合は喉の腫れや痛みなど風邪と勘違いされがちな症状を起こしますが、医師の診察をしっかりと受けて治療していくことが大事です。

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマという病気があります、これは性行為感染症の一種です。
HPVと呼ばれるウイルスによって引き起こされるもので、主にHPV6型と11型がこの病気の原因となります。
症状としては、男女の性器にいぼ状の突起ができますが、特に痛みやかゆみは生じません。
自己免疫力の働きにより、そのまま治ってしまうこともありますが、他の部位に接触転移を起こすことがあるため、治ってもまた再発というケースも多いです。
潜伏期は1か月から2か月ですが、まれに8か月ということもあり、また銭湯などで感染することもごくたまにあります。
尖圭コンジローマと間違われやすい病気に、フォアダイスや真珠様陰茎小丘疹があります。
やはりいぼ状の突起ができますが、実は性行為感染症ではなく、一種の生理現象であり、性行為を行わなくてもかかることがあります。
この2つは男性に起こるものですが、女性の場合も、膣の入り口に乳頭状の突起ができることがあります。
むろんこれも生理現象の一つで、特に心配は要りません。
検査を行う場合は、皮膚や粘膜の組織を採取して病気のあるなしを調べます。
治療は、薬剤を使う場合と、外科手術を行う場合とがありますが、手術の場合は再発の可能性があるため、尖圭コンジローマ専用のクリームを併せて使うのがお勧めです。

男の性病、亀頭包皮炎

亀頭包皮炎は亀頭やそれを包んでいる包皮、つまり皮の部分が赤くただれた状態になったり、白く粉を塗したようになることがある病気です。
痛みや痒みを伴うことがあります。
細かく分類するとカンジダ性と細菌性、アレルギー性の包皮炎があります。
カンジダとはカビのことで見かけは白い粉のようです。
これには抗真菌剤を用いて治療します。
細菌が原因の場合、治療には抗生物質が用いられます。
アレルギーの場合はステロイド軟膏などが用いられます。
亀頭包皮炎は必ず性病だというわけでもなく、他人との性的な接触がなくても起こりうる病気です。
例えば、手を石鹸であまりにも頻繁に丁寧に洗い過ぎると、カサカサになってひび割れたりしてしまいますが、性器の場合でも同じことが起きます。
自慰行為でも性器に傷がつくことはあり、そこから細菌感染して亀頭包皮炎を発症することがあります。
しかし一方で、カンジダなどは男の性病というわけではなく、女性にもカンジダ膣炎が起こることがあります。
性器同士の接触や口と性器の接触などでも亀頭包皮炎になることがあるので、その意味では性病である一面も持ち合わせていることになります。
他人との性接触がなくても、乱暴な自慰行為や性器の極端な洗浄は禁物ということです。